ダイエット中の朝ごはんについて

朝ごはん

そもそも朝ごはん食べてる?

みなさん朝ごはんは食べていますか?
この質問をすると半分近くの方は「食べていない」で、食べていたとしても「グラノーラ・パン」などの回答とします。しかし、実際は食べずに痩せるよりも食べて痩せたほうがリバウンドもなく、理想の身体をゲットできます。理由について次に説明していきます。

朝ごはんを抜くころによる弊害

朝食べないデメリットとして

 1.筋肉量が落ちる2.代謝が落ちる3.次の食事以降の血糖値が上がりやすく食欲も乱れるなどが挙げられます。
まず、筋肉量が落ちるということについてですが、朝は栄養が枯渇している状態のため栄養素(特にタンパク質・糖質)を入れないと筋肉を分解してエネルギーとして利用してしまうためせっかくつけた筋肉が減ってしまい、見た目としても悪くなってしまいます。
次に代謝についてですが、これは1の筋肉量が落ちることにより代謝が落ちるということになります。代謝が落ちると1日に消費できるカロリーが減ってしまうため1日に食べられる量が落ちるほか、単純にダイエットのペースが落ちてしまいます。
3についてですが、1日の食事回数を減らすことで一食当たりの血糖値が上がり太りやすい体質に変わってしまいます。これが食欲を乱し、結果として食べ過ぎ、飲み過ぎにつながってしまうのです

まとめ

ここまでを踏まえて、朝食べない理由はないですよね。理想は主食主菜副菜でしっかり固形の糖質脂質タンパク質を摂りましょう!どうしても朝受け付けない人はプロテインだけでも入れてあげてください。これも厳しい場合は前日の夜の食事から見直しましょう。
あ、、グラノーラはすぐ太るのでもってのほかですからね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です